日本が誇る高速鉄道!新幹線のアレやコレ!

新幹線の特徴

新幹線と一口に言っても、その定義には法律で定められた基準があります。その基準とは、「主たる区間を列車が時速200km以上の高速移動ができる幹線鉄道」というものです。そのため、どのような車体をしていようが、どのような運行形態であろうが、時速200km以上で走る区間がある幹線鉄道は全て新幹線と呼べるということになります。

高速運転を実現するために、2本のレールの幅が一般的な鉄道よりも広い1,435mmという標準軌を新幹線では採用しています。この標準軌は新幹線独自のものではなく、日本でも一部の私鉄や地下鉄などで採用されています。ちなみに、一般的な鉄道では1,067mmです。さらに、電圧も通常の20,000ボルトよりも高圧な25,000ボルトで車両を動かしています。また、新幹線の営業路線には踏切が無いということも大きな特徴として挙げられるでしょう。

新幹線とは時速200kmで走る幹線鉄道のことを指します。この高速走行を実現するために一般的な鉄道とは違い、標準軌を使用していたり、電圧をさらに高圧なものにしていたりという工夫がなされています。さらに、営業路線には踏切が存在しないなど、多くのユニークなポイントが新幹線の特徴と言えます。そこに注目して乗ってみるのも面白いでしょう。