日本が誇る高速鉄道!新幹線のアレやコレ!

ミニ新幹線

新幹線といえば、通常の鉄道とは違う独自のフォルムが人気の一つとして挙げられますが、そのフォルムだけを見て「新幹線だ!」と言ってしまうと、少し恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。何故なら、新幹線と同じようなフォルムを持ちながら、その実態は新幹線ではないというものも存在するからです。

福島駅から新庄駅を走る山形新幹線と、秋田駅から盛岡駅を走行する秋田新幹線は、「ミニ新幹線」と呼ばれています。何故「ミニ新幹線」なのか?それは時速130km程度で走行しているからです。新幹線はざっくりと言って、時速200kmを走る鉄道のことを指します。そのため、ミニ新幹線は法律上は新幹線では無いのです。しかし、標準軌にレールの幅を広げているため、在来線でありながら新幹線が乗り入れられるものとなっています。さらに、東北新幹線は山形新幹線も秋田新幹線も乗り入れることが出来ますが、こちらは時速200km以上で走行が可能です。

ミニ新幹線は、山形新幹線と秋田新幹線で走行しており、そのどちらも在来線という括りで運行しています。しかし、レール幅は新幹線と同様のものとなっているため、東北新幹線の乗り入れも可能となっています。