日本が誇る高速鉄道!新幹線のアレやコレ!

東海道新幹線

東海道新幹線は東京駅から新大阪駅の間を運行しており、1964年の10月1日に開業しています。日本で最初に開通した東海道新幹線は当時から最新の技術が使用されています。最先端の鉄道技術が使われている新幹線も、開業から50年以上の歴史がある由緒正しい鉄道と呼べる存在になっています。常に世界の鉄道をリードする東海道新幹線について少し知っていきましょう。

営業最高時速は年々進化しており、開業当初は時速200km程度で走行していました。これは、東京から大阪までを4時間で結ぶ計算になります。そこから、翌年には時速210kmに引き上げられ、「ひかり」という速達タイプのものでは3時間10分、「こだま」という各駅停車タイプのもので4時間で東京から大阪までを運行していました。現在では「のぞみ」という東海道新幹線最速列車がありますが、東京から大阪までを最高時速285kmで走行しています。その結果、2時間30分というスピードで到着することができるのです。つまり、開業当初から現在までで1時間30分も時間を短縮することに成功しています。

新幹線の元祖である東海道新幹線は、常に進化を止めることはありません。現状に満足せずに高みを目指す姿勢こそが、新幹線を世界一の鉄道に押し上げる要因なのかもしれません。