日本が誇る高速鉄道!新幹線のアレやコレ!

N700系

現在の日本の新幹線において、最も代表的なフォルムを持っている車両といえば、N700系が一般的でしょう。2007年の7月1日にデビューしたN700系は、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線で運行しています。その特徴的な形状として、車両先端の鳥が羽根を広げているようなデザインがあります。これは「エアロダブルウイング」と呼ばれており、省エネ効果、空気抵抗を追求して採用されたものです。

その最高速度ですが、こちらは路線によって異なります。東海道新幹線では時速285kmですが、山陽新幹線では時速300km、九州新幹線は時速260kmです。また、九州新幹線で運行しているN700系である「みずほ」は通常のN700系より少し趣が違っています。中でも、その車体の色に特徴があると言って良いでしょう。少し薄い水色のN700系は、いつも見慣れているものとは違うため、この新幹線を観ると「九州に来た」という実感が湧いてくる鉄道ファンもいるようです。

N700系は東海道新幹線と山陽新幹線、九州新幹線で運行している新幹線です。エアロダブルウイングを採用した独特のフォルムは、もはや新幹線の顔とも呼んでいいほどの知名度を持っています。九州の車体は他とは少し違っているので、確認してみるのも面白いかもしれません。